2019-09-09
カテゴリトップ>工業用ミシン・アパレル機器>業務用アイロン
ナオモト 業務用スチームアイロン HYS−410
【送料無料】【代引き手数料サービス】

アパレル関係・デパートなどで幅広く使用されています。
蒸気圧・ヒータ圧共に、家庭用アイロンとは違いきれい製品を仕上げる事が出来ます。また、使用しやすい構造になっています。
このタイプのアイロンは、水を入れるタンクを天井に吊り下げるタイプになります。


電気容量 100V 805W  重さ1.7kg



その他のタイプの業務用スチームアイロン及びアイロンの付属品・消耗品の一覧表は、下記のアドレスに掲載していますので ご確認ください。

https://item.rakuten.co.jp/andomishin/c/0000000212/


ナオモト
スチームアイロン 仕様

(HYS−410)

ナオモトアイロン(HYS−410)
電気容量100V/805W
重さ1.7キログラム
ベース加工タフラム加工
アイロン
ベースの大きさ
幅95mm
長さ207mm

タンク吊りポールの特徴
アイロン台・テーブルの縁に万力タイプで簡単に固定する事が出来ます。
*テーブルの縁に固定するスタンド式ライトのような感じです。
天井に穴があけられない・天井が高い場合に使用します。

●オプション
タンク吊りポール
小売価格 5,900円
税込 5,565円
(税抜 5,300円)

最長長さ 1750mm
最低長さ 1250mm


詳しい詳細は、こちらへ!
















タッチスイッチ
親指で軽く押すだけで的確にスチームが出る、フェザースイッチを採用

温度調整
直本工業独自のICサーもセンサーを内臓。温度設定ダイヤルが、フラットになりひっかかりのないシンプルなデザインになりました。ダイヤルが勝手に動かない設計になっています。
調整可能温度: 100〜200℃
通常は、150〜180℃くらいで
使用してください。


左写真が”HYS−410” 右が”HYS−520”の底面
HYS−410の方が、幅が狭くなっています。

HYS−410とHYS−520の違い

HYS−410とHYS−520の違いは、アイロンベース(底面)の幅の大きさが違います。上記の写真のように HYS−410の方が ベース(底面)が狭くなっています。HYS−410は、一番幅の広い部分が 95ミリですが HYS−520は107ミリになります。幅が狭いので、細かい作業を行う場合に適しています。
また、HYSー410は、HYS−520と違って カマの部分(先端部分)のフタがあけれませんのでご注意ください。

HYS−520の詳細は、下記のアドレスに掲載していますのでご確認ください。
https://item.rakuten.co.jp/andomishin/c/0000000213/

大型 水タンク
満水の状態で約4リットルの水を入れる事が出来ます。一度の給水で半日以上使用できます。
(アイロンの使用状況によって違ってくる場合があります)

天井にねじ込み式で固定する、タンク吊り金具は付属品に付いています

アイロンの付属品
水タンク・アイロンホース(シリコン製)1.5M
アイロン受皿(シリコン製)・アイロンホース保護バネ
天井吊り金具(ヒートン)・天井吊り金具連結用吊り金具
分解用六角レンチ・取扱説明書

★業務用アイロンのトップメーカー”ナオモト(日本製)”の商品です★

価格
49,000円 (税込52,920 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜4日以内に発送予定★(日祝・休業日除)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く